OptusのATO契約におけるNortelの得点

Optusは昨日、通信事業者とのマネージドサービス契約の一環として予定されているオーストラリア税務局(ATO)ネットワークとテレフォニーアップグレードの下で、カナダのベンダーであるNortelを主な受賞者とすることを明らかにした。

OptusのエンタープライズおよびビジネスグループのマネージングディレクターであるJohn Simonは、NortelがATO向けに予定されているネットワークと電話のアップグレードの主要サプライヤーになると語った。 「私たちは、ハイエンドのスイッチであるNortel CS2KスイッチとNortelのIP(インターネットプロトコル)電話を使用しています」とSimon氏は述べています。ジュニパーとエンターテイスは、この契約の恩恵を受けるとも理解されています。

この取引は、昨年、カナダの親会社の財政難が彼らに影響を与えないとオーストラリアの顧客に安心させたノーテルの歓迎すべきニュースである。

ATOの現在のネットワークサプライヤには、Nortel、Cisco、ネットワークセキュリティベンダーのEnterasysなどがあります。広報担当者は、ATOがPABXシステムと携帯電話を所有しており、Telstraはハードウェアを管理していると語った。

Simon氏によるとATOがOptusと締結した4年間の1億8,650万ドルの契約は基本的な価値を形成しているとSimon氏は述べているが、ATOの管理ネットワークサービスに対する一般的な年間支出は約2億4000万ドル期間。 ATOは、今年末までにOptusが新しいネットワークの最初の部分を構築するまで、現在のテルストラネットワークを引き続き使用するとSimonは述べています。

「オフィスやコールセンターの新しい機器を含め、すぐに移行を開始します。ネットワーク間を切り離すだけではなく、移行と変革です。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank