O2のオーナーが新しい「ビッグデータ」ユニットを通じて顧客の位置情報を販売する

モバイルオペレータO2の親会社であるTelefónicaは、Dynamic Insightsと呼ばれるビジネスユニットを作成し、顧客が作成したデータを売却することに専念しています。

火曜日に発表されたTelefónicaDynamic Insightsユニットの最初の製品は、Smart Stepsと呼ばれています。モバイルネットワークのデータを匿名化して集約することで、企業や公共部門の組織は、店舗や会場を訪れる人の数を評価することができます。

Telefónicaによって与えられた例は、無料の駐車場が導入された後に何人の人々がハイストリートを訪れているかを知りたい市議会のものです。

Telefónicaはイニシアチブで単独では仕事をしません。スペインの通信会社は、市場調査会社GfKと戦略提携し、英国、ドイツ、ブラジルで製品を開発しています。

テレフォニカ・デジタル(TelefónicaDigital)の最高経営責任者(CEO)であるスティーブン(Stephen)は、次のように述べています。「ビッグデータは、デジタル経済の重要な要素です。スマートで責任ある方法でアプローチすることで、 Shurrockは声明で言った。

最近になって「アナリティクス」と呼ばれていたフィールドであるビッグデータは、多くの意味で大規模な通信事業者が参入するための自然なフィールドです。そのような企業は、顧客がどこにいるかを常に監視し、その結果得られるデータセットは、交通量の測定などのために理想的です。

確かに、これは、新しいビジネスユニットが計画している製品の1つで、スマートシティサービスの一環です。詐欺防止は別の使用例を提供します。

しかし、通信事業者は、顧客の電話機で実行されるアプリケーションを、Apple、Google、およびそれらの企業の開発者エコシステムに支配しています。これは、通信業者が大まかな位置データに収集できるデータを制限し、単なる「ダムパイプ」ではないという彼らの鋭敏さに対する1つの説明を提供する。

Telefónicaは、袖の上に別のトリックを持っています。同社には多くの固定回線の顧客、さらには公共のホットスポットが無料であるため、Wi-Fiデータと、おそらくテレビサービスを通じて収集された情報を引き出すことができます。

同社はまた、このリソースをどのように悪用しようとしたのかについての示唆もしていないが、法人顧客から収集した膨大な量のマシンツーマシン(M2M)データを利用できると述べた。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

行く