ICANN、北京に最初のエンゲージメントセンター開設

ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)は、中国北京に初めてのグローバルエンゲージメントオフィスを開設する予定です。

ICANNのCEOであり社長のファディ・チェードは、「中国との関係は単なる選択肢ではなく、すべてのレベルで取り組むか、正当性を失う」と述べた。彼は、ICANNの第46回北京公開討論会で、歓迎の挨拶の中で、今週の残りの期間を通じて発表する予定だった。

CEOは、先月、ロサンゼルスに本拠を置く組織を米国中心にすることを約束し、シンガポールとイスタンブールに2つの新しいハブを設置し、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)市場にサービスを提供する。

ICANNと中国の橋渡しであり、インターネット開発の拡大につながる」と語った。中国のインターネットユーザベース。現在、5億人を超え、米国全土の人口を超えており、今後急激に増加する見込みです。

ICANNは、新しい一般的なトップレベルドメイン(gTLD)を公開する準備が整いました。このドメインは、今月早くも可能性があり、中国語やその他の言語で非ラテン文字のTLDを含む予定です。

クラウドコンピューティングの成長

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

クラウドコンピューティングは1度に1つのAPIを成長させ、開発者はApigeeを6億2500万ドルで買収し、ハードウェアはラスベリーパイが1000万回の売上を上げ、プレミアムバンドルで賞賛し、セキュリティは4年間後にNPAPI FlashをLinux用に復活させるスタシス

アドビは、4年間の停滞後、NPAPI Flash for Linuxを再編