IBM、Red HatおよびSUSE用のPowerLinuxシステムを公開

IBMは、同社のPower7プロセッサ上で動作する新しいPowerLinuxシステムを発表し、Red HatとSUSEをサポートしている。

この追加は、IBMのPureSystemsファミリーに大きなデータを集めてプラグインするように設計されています。具体的には、IBMは2つのLinuxサーバーを導入しました.1つはIBM PureFlex System用システムで、もう1つはMid-Market向けのスタンドアロンです。 LinuxベースのPower Systemsは、IBMのPowerVM仮想化技術を使用しています。

最初の2つのシステムはIBM Flex System p24L Compute Nodeで、IBM PureFlex System用に設計された2ソケットサーバーを搭載したLinuxシステムで、12または16のPower7プロセッサーを搭載しています。 Red Hat Enterprise LinuxとSUSE Linux Enterprise Serverはオプションです。

もう1つはIBM PowerLinux 7R2システムで、16個のPower7チップを搭載した2ソケットラックサーバーです。

これについては、英国のウェブサイトを参照してください.IBMは、WebサイトでPowerLinuxシステムを統合しています。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供