Huaweiはフランスの研究開発施設を開設

中国のネットワーク大手Huaweiは、南フランスでチップセット設計と組込み技術に焦点を当てた研究開発(R&D)施設を開設した。

フランスの技術拠点であるSophia Antipolisには、現在20人のエンジニアが参加しており、年末までにさらに10人のエンジニアが雇用される予定です。 Huawei氏は、テキサス・インスツルメンツ社(Texas Instruments)の元研究者らは、その技術者の大部分が金曜日の声明で述べていると述べた。

中国のベンダーは、Sophia Antipolisの「肥沃なITエコシステム」と、電子機器やソフトウェアの専門知識で認められた熟練エンジニアの採用により、研究施設の設置が決定したと語った。ベルギー、フィンランド、アイルランド、スウェーデンを含むヨーロッパ8カ国に17のR&D施設があります。

Huawei氏は、この地域の重要性を強調し、2003年以来フランスで事業を展開しており、昨年、2017年までに170人の研究者を雇用する計画を発表した。また、1億2,500万ポンド(US $ 203.3 million)英国のブリストルに新しいR&Dセンターを建設する。イプスウィッチには既に既存施設がある。同社は2017年までに両工場で300人の従業員を雇用し、欧州で5,500人の雇用を創出し、米国との緊密な関係、米国の企業に

また、先月、ドイツのウォルドルフに革新センターを開設し、統合製品の開発と性能と標準テストのサポートを行った。

Huawei FranceのCEO、Song Kaiは、次のように述べています。「我々は、世界のIT市場における技術の面でフランスが提供できるものを完全に表すこのR&Dサイトを非常に誇りに思っています。この発足は、フランスのHuaweiにとって象徴的なステップです。フランスのデジタルエコシステムとのコラボレーション

Huaweiは今後数ヶ月にわたって大きな野心を持ち、Sophia AntipolisはフランスのR&D開発戦略の第一歩にすぎません。

この研究施設では、スマートフォンカメラの品質向上、マイクロエレクトロニクスとソフトウェアに関するHuaweiの知識の向上、画像信号プロセッサ技術の向上に関する作業を行う予定です。同社は、2015年までに端末に統合されるSophia Antipolis施設での開発を目指しています。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

インドの反基本的な経済対策:Marc AndreessenはTwitterの騒動に悩まされている; LG PayはMWCでノーショーになる:Report; Singtelは純利益をSG $ 16M縮小する; FacebookはインドのFree Basicsプロジェクトを撤回する; Samsungは韓国の公共安全ネットワーク

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます