HP Elite x2 1011 G1レビュー:いくつかのタブレットの問題を含む高品質のハイブリッドレビュー

ビジネス用のコンパクトなWindowsタブレットを探しているなら、LenovoのThinkPad Helix 2やToshibaのPortégéZ20tなど、豊富な選択肢があります。また、最近レビューしたTransformer Book T300 Chiを含む、ASUSのTransformer Bookシリーズを検討することもできます。

HPは、11.6インチのElite x2 1011 G1でかなり混雑しており、プレミアム価格で販売しています。これは、1,462ポンド(元VAT、1,219元VAT)から始まり、 1,876(付加価値税、£1,564、元VAT)。

11.6インチCore MパワーHP Elite x2 1011 G1(パワーキーボード付き); HP

ビルド品質は抜群です。取り外し可能なパワーキーボードの下側は滑りにくいゴム製で、丈夫な金属が上側を保護しています。タブレットの背中には同じ金属を使用しているため、非常に堅牢な装置になります。タブレットのテーパのある側面と上部は、厚さが10.7mmの厚さで、スタンドアロンの11.6インチタブレットが予想されるよりもはるかに大きく、重量も780gと重いです。

キーボードドックにしっかりと座る必要があるため、タブレットの下端は平らです。ドックは、タブレットを押し下げるとタブレットの所定の位置に固定される一対のヒンジに依存し、ヒンジはタブレットを持ち上げるためのリリースボタンを使用してロックが解除されます。これは安全なシステムであり、ドッキングされたシステムが旅行用バッグの中を動き回っている間に崩壊する心配はありませんでした。

エリートx2 1011タブレット、上(上)とドッキング(上)。タブレットとキーボードはともに体重780g;;画像:HP

ヒンジを使用すると、通常のラップトップの画面が90度を超えると予想されるまで、タブレットを後方に傾けることができます。旋回スクリーンラップトップが提供している「テント」モードにアクセスするためにさらに押し込むことはできません。

タブレットとキーボードは同じ重量(780g)ですので、他のタブレット重い構成よりも指で画面を撫でるときに、クラムシェルユニットが後方に転倒する危険性がより低くなります。ドッキングすると、デバイスは29.8cm x 20.61cm x 2.08cm、重さは1.56kgとなります。

当社のレビューユニットの11.6cmのタッチスクリーンは1,920 x 1,080ピクセルのフルHD解像度を、安価なモデルは1,366 x 768の解像度を実現しました。IPSパネルは鮮明で明るい視野角を備えています。 Webブラウジングやビデオ表示から電子メール処理や文書作成に至るまで、さまざまなタスクに使用しても苦情はありませんでした。

結論

タッチスクリーンは指の押しや掃引にもうまく反応し、HPはスタイラスを提供しています。刺激的に、スタイラスハウジングはタブレットの下端にあります。ラップトップモードで作業するときは、デバイス全体を持ち上げてアクセスする必要があります。

また、ラップトップの作業では画面が比較的小さく、文書の作成や編集に多くの時間を費やしても画面が適切でない可能性があります。ディスプレイはまた、非常に反映され、潜在的な購入者を控える可能性があります。

バックライト付きのパワーキーボードは優れたタイピングプラットフォームですが、フォースパッドのタッチパッドには感動しませんでした。

HPはキーボードを使って素晴らしい仕事をしてきました。 QWERTYと数字キーは十分な大きさと間隔で配置されており、弾力感と反応感があります。私たちはスピードでタイピングに触れるのに手間がかからず、キーボードがバックライトであるという事実を歓迎します。バックライトには2つのレベルがあり、Fnキーで簡単に設定できます。

HPのForcepadトラックパッドはカーソルの動きに関しては敏感ですが、私たちは単一の非物理ボタンシステムのファンではありません。アイデアは、カット、コピー、貼り付け操作のためのテキストの選択など、ジェスチャーが必要なものに対応しているということですが、使用するのは面倒です。エキスパートユーザーであれば、時間と労力を節約できますが、複数のデバイス間で普遍的に理解され実装されている操作を過度に複雑にすると考えられます。

HPはウェブサイトでバッテリ寿命を見積もっていませんが、タブレットの2セル33Whバッテリは、キーボードの6セル21Whバッテリによって補完されています。この2つを併用することで、Elite x2 1011 G1の一日の仕事を余裕で利用できるようになりましたが、タブレット内の比較的小さな電池では、1日中単独で頼っていると懸念が生じます。

Elite x2 1011 G1のレビューサンプルは、Windows 7を搭載したWindows 8.1でも実行できます。もちろん、Windows 10にアップグレードすることもできます。256GBのSSDが付属しています。日々のコンピューティングに必要なストレージが増えていると感じるかもしれません。タブレットは、8GBのRAMを搭載した1.1〜2.6GHzで動作する第5世代(Broadwell)のIntel Core M-5Y51を搭載しており、性能についての苦情はありませんでした。

レビューユニットはハイエンドモデルで、1,876ポンド(VAT)相当の高額な価格で販売されていました。これがあまりにも急であると思うなら、4GBのRAM、Intel Core-M5Y10c CPU、128GBのSSDストレージに落とすことができますが、あなたは依然として比較的多額の1,462ポンド(付加価値税)を見込んでいます。

タブレットでの4G LTEサポートを確認することは素晴らしいことです。 SIMスロットは、Micro-SDカードスロットの横のカバーの下にあります。タブレットにはヘッドセット・ジャック、5メガピクセルのリア・カメラ、2メガピクセルのフロント・カメラがあります。

タブレットには、SIMカードスロット、マイクロSDカードスロット、オーディオジャック、ドッキングコネクタがあります。他のすべてのポートとスロットはキーボードにあります。

これまでのところ、これはすべて非常に肯定的です。しかし、このシステムのプレミアム価格のためにさらに厄介ないくつかの重大な欠点があります。

ポートとコネクタは大きな問題であり、その大部分はキーボード上にあるためです。

ここには、フルサイズのUSB 3.0ポート、DisplayPort、ヘッドセットジャック、スマートカードリーダーの2つがあります。オプションのアダプタを購入すると、ドッキングコネクタがRJ-45イーサネットポートに適合します。リストレットには指紋センサーもあります。

われわれが関心を持つ限り、取り外し可能なタブレットに独自のUSBポートがないことは、直観に反します。また、HPがタブレットにMini-DisplayPortまたはMini-HDMIコネクタを装着できなかった理由もありません。そして、これらのポートをフルサイズでキーボードに複製しました。率直に言って、私たちはこの価格で期待していたものです。

キーボードもかなり独占して充電しています。タブレットとキーボードの両方に電力を供給することができますが、前者にはドッキングコネクタ用のアダプタが必要ですが、キーボードにはACアダプタの丸ピンコネクタ用のコネクタが必要です。

この配置は、キーボードを自宅に残すことが難しい。また、タブレットのUSB充電機能がない場合は、オプションのタブレットコンバータを使用するか、キーボードを使用するためにラップトップ型充電器を持ち歩く必要があります。

私たちのもう一つのナックルは音質です。ツインスピーカーは、高音域で高音質で、低音域では非常に低音域です。高品質のオーディオに依存するプレゼンテーションをデバイスから直接配信する必要があるため、コンバーチブルが必要な場合は、これがデバイスではありません。

あなたは、キッチンシンクを含むすべてのものをこのような高価なコンバーチブルで投げ捨て、最上級のやり方でそうすることを期待しています。したがって、スタイラス、指紋センサー、LTEサポート、バックライト付きキーボードなどの要素の存在は大歓迎です。固体ビルドも大きなプラスです。

しかし、いくつかの根本的な問題があります。内部スピーカーの品質が悪いのは単なる刺激的ですが、タブレットのバッテリーを充電するためにコンバーターを使用する必要があるため、タブレットへの接続性の欠如は根本的な間違いです。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン