HPは印刷をクラウドに昇格させ、どこからでも印刷し、ドライバーは必要なくす

HPは、ウェブ利用可能なクラウドに優しい印刷サービスを発表した。これにより誰でもどこからでも印刷できるようになった。

ePrintと呼ばれるこの新しいプラットフォームは、ユーザーが電子メールを使用して任意のデバイスからWeb対応プリンタに印刷することを可能にします。各プリンタは固有のEメールアドレスを取得し、指定されたユーザーはスマートフォン、タブレット、ラップトップを使用してリモートで印刷することができ、ドライバは必要ありません。

クラウドベースのプラットフォームでは、いくつかの新しいことが可能です

この発表の後、HPは家庭やビジネス向けの新しいWeb対応オールインワンプリンタを発表しました。

彼らは含まれています

この接続により、プリンタはクラウドと通信し、Googleドキュメント、写真、カレンダーに直接アクセスできます。 HPはYahoo、msnbc.com、Facebook、Live Nation、Crayola、Reuters、DocStoc、Google(Picasa)とも提携している。

おそらく、発表の最も重要な部分は、少なくとも直接的には消費者とは関係がありません。 HPは、Web接続機能により、デジタル印刷広告プラットフォームを開き、プレミアムコンテンツを配信し、カスタマイズされたメッセージ、プロモーション、クーポンやローカルサービスなどの情報を使って印刷コンテンツを選択します。

発表は明らかです。印刷が雲に向かいました。しかし、モビリティとポータブルコンピューティングデバイスの時代には、それは本当に重要ですか?

リコー、ブラジルへの投資を拡大

HPのQ3は予想を上回るが、PC、プリンタの不具合は継続する

バイオプリンティングの骨と筋肉:移植の未来を形作っているインクジェット・セル・プリンター

?サムスン、B2Bプリンター用SDKをリリース

出版社は印刷アプリをカスタマイズし、プリンタへのコンテンツ配信をスケジュールすることができます;オンラインハブであるHP ePrintCenterからすべてを管理することができます。

HP Photosmart Premium e-All-in-One:Webへのワイヤレスアクセス、高度なプリントアプリ(FandangoやCoupons.comなど)、4.3インチTouchSmartスクリーン、自動両面印刷機能を備えた最先端のモデル。 9月には199ドル、HP Photosmart Plus e-All-in-One:3.5インチTouchSmartスクリーン搭載のミッドレンジモデル。 $ 149(8月発売); HP Photosmart e-All-in-One:2.4インチTouchSmartスクリーン付きのバーゲンモデル。 $ 99、北米では6月下旬に発売予定; HP Photosmartプレミアムファックスe-All-in-One:自動ドキュメントフィーダ、タッチスクリーン、有線およびワイヤレスネットワーキングによるファックス、スキャン、コピー。 $ 299、9月には世界中で利用可能です。

プリンター;リコー、ブラジルへの投資を拡大ハードウェア; HPのQ3は予想を上回るが、PC、プリンターの不振は続く; 3D印刷; Bioprinting骨と筋肉:移植の未来を形作るインクジェットセルプリンター; Hardware;