HPの買収は、データセンターとそのアプリケーションの監視に重点を置いています。

最近の3Par買収のためのDellとの入札戦争に焦点を当てて、HPの他のソフトウェア会社の買収は少し落ち込んでいた。しかし、ArcSightの買収計画が発表された今日の発表では、これまでに買収されたものを光に戻すことができます。

確かに、HPは、データセンターとクラウドコンピューティングのビジネスを拡大する最善の方法は、現時点で社内開発ではなく、買収によるものと確信しています。これまでに買収したFortify SoftwareとStrataviaの2社は非公開で、ArcSightと共にクラウドソリューションプロバイダーとしてのHPの地位を確実に強化します。

最初の買収であるFortify Softwareは、セキュリティ上の問題を引き起こしたり、法令遵守の問題を犯したりする可能性のあるコードの欠陥を検索する、ライン・バイ・リネンのセキュリティ分析を使用して開発されたアプリケーションです。 2番目のStrataviaは、データベース、ミドルウェア、およびパッケージ化されたアプリケーションに焦点を当て、ハイブリッド環境、パブリッククラウドとプライベートクラウドを利用するアプリケーションの展開を自動化するソフトウェアを提供しています。 ArcSightは、セキュリティとコンプライアンスの監視ツールとして広く知られています。これらはすべて、フルブローンクラウドサービスの重要なコンポーネントです。

企業のクラウド展開を自動化しながらセキュリティを維持し、法令遵守の要件を満たすことは、HPのポートフォリオに追加するのに非常に有用な機能です。大きな疑問は、これらの最近の買収をすべて消化し、共通の所有権の結果としてのみ集まる個別のコンポーネントではなく、何らかの形態の統一サービスでこれらの技術を提供するのにHPがどれくらいの期間かかるかということの1つです。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

HPEは、非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで売却する

HPE、ソフトウェアポートフォリオを売却する協議

HPEがVerticaをアップデートし、Haven OnDemandの機械学習機能を強化

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Linuxはエンタープライズソフトウェア、HPEは非コアのソフトウェア資産をマイクロフォーカスに88億ドルで提供、エンタープライズソフトウェア、ソフトウェアポートフォリオを売却するHPE、エンタープライズソフトウェア、HPEアップデートVertica、マシン学習機能を強化ヘブンオンデマンドで