HP、TouchPadを発売…すぐにバージョンアップを発表…

時には私はいくつかの発表の背後にある論理を理解していない…そして、これはそのような例の1つです。

HPのTouchPadタブレットは7月1日にリリースされたばかりだが、HPはすでに高速なCPUを搭載した「4G」フレーバーが登場すると発表している。

「オリジナルの」WiFi専用タッチパッドは1.2GHzのCPUを搭載し、このアップデート版は1.5GHzの部分を搭載しています。また、「AT&Tのネットワークを介して接続されていることのすべての利点」と同様に、32GBまたはストレージと統合GPSを備えています。

ティーザー以外の価格や入手可能性はありません。「学校に戻る時間に」

同社がWi-Fi専用モデルのリリースに近い、よりスポーティなバージョンを発表するためには意味がありません。私はセルラーデータバージョンの必要性を理解していますが(消費者はそうではないかもしれませんが)、3Gの風味がより良いCPUを必要とするならば、WiFiモデルが同じアップグレードから恩恵を受ける可能性があります。この動きは、HPを選んだ直後に、既存のTouchPadの所有者が購入に不満を抱くようにするための確かな方法だと思われる。いい動きはありません。

関連するカバレッジを参照

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

HPEは、非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで売却する

HPE、ソフトウェアポートフォリオを売却する協議

HPEがVerticaをアップデートし、Haven OnDemandの機械学習機能を強化

HP TouchPadの予約注文、小売業者の紹介、Android Honeycomb 3.1:mehの混合袋、キャリアとタブレットとスマートフォンの共存、HP:このTouchPadのオーナーはちょっと緊張しています。感謝。; HP TouchPadケースレビュー:薄くて軽い;約10日後にTouchPadアップデート、HPのTouchPad:Dead on Arrival

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Linuxはエンタープライズソフトウェア、HPEは非コアのソフトウェア資産をマイクロフォーカスに88億ドルで提供、エンタープライズソフトウェア、ソフトウェアポートフォリオを売却するHPE、エンタープライズソフトウェア、HPEアップデートVertica、マシン学習機能を強化ヘブンオンデマンドで