Google、セキュリティのスタートアップSlickLoginを買収

イスラエルの新興企業SlickLoginは、Googleが買収したというウェブサイトを発表した。同社は、ユーザーの認証ログインプロセスを効率化する目的で高周波音波を使用するスマートな識別技術に取り組んでいます。

SlickLoginは技術がリリースされたことはないが、その技術はユーザーのスマートフォンで動作し、複雑なやりとりを必要とせず、ユーザーはタブレットやラップトップの横に携帯電話を置くだけでログインできるようになるという。

同社は、イスラエル国防総省のサイバーセキュリティ部門を卒業したばかりのOr Zelig、Eran Galili、Ori Kabeliによって1年前に設立され、6年間以上情報セキュリティプロジェクトに携わってきました。

SlickLoginによると、Googleに参加するという企業の意思決定は、ユーザーが不満足な認証プロセスなしで簡単にログインできるようにするためのものだという。

「Googleは全員に無料で2段階認証を提供した最初の会社であり、誰もがインターネットをより安全にする素晴らしいアイデアに取り組んでいます。 SlickLoginチームがウェブサイトに書いた。

買収の価値は明らかにされていない。

SlickLoginは最近Googleが買収したスタートアップのラインナップに加わりました。 1月には、技術巨大企業であるImpermium社がスパムをコントロールし、オンラインで不正行為やウェブ侵害を排除することに重点を置く会社を追加しました。

Googleは最近、スマートデバイスの作成者を買収した;ネストは32億ドルでGoogleを見て、アップル社社員を100人増やした。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応