Fedora 19のインストール:新機能

Fedora 19の最終リリースは当初の予定通りでしたが、これまでの数少ないFedoraリリースの記録を考えると、それはそれ自体の成果です。しかし、本当に良いニュースは、これがFedoraチームのもうひとつの優れたリリースだということです。

ほぼ確実にあなたが考えているものではありません。

Fedoraのダウンロードページには、Gnome、KDE、Xfce、およびLXDEディストリビューションの32ビットおよび64ビットアーキテクチャ用のLive ISOイメージが含まれています。

他のフォーマットを必要とする人や必要な人には、インストール可能なDVDイメージとネットワークインストールイメージもあります。

これらはすべてハイブリッドISOイメージであるため、Linuxシステムが稼働している場合は、イメージをUSBスティックに差し込んで起動可能なLiveシステムやインストールメディアを作成することができます。 Linuxシステムが手元にない場合は、ISOイメージをCDまたはDVDに書き込むか、LIveUSB Creatorを使用してください。

以前のリリースの場合と同様に、Fedora 19のLiveイメージは、UEFI Secure Bootを有効にして起動します。私は実際にSecure Bootを有効にしてインストールを実行しませんでしたが、これはもう使用しないためです。

しかし、Secure Bootを無効にしてインストールしてもFedoraは必要な “shim”ファイルをインストールしていたので、その後もSecure Bootを有効にしても動作します。また、少なくとも私のAcer Aspire One 725に最新のUEFI BIOSをインストールすると、インストールが正常にブート環境を設定することができたので、完了した後、ラップトップはWindowsではなくFedoraを起動しました。

残念ながら、明らかにまだ解決されていないことは、他のLinuxインストールがある場合、FedoraはGRUB設定ファイルを作成してすべてをリストアップしますが、起動に失敗するということです。しかし、問題なくWindows 8を起動するので、これは大多数のユーザーにとって十分です。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューション、クラウド、Red HatはまだOpenStackの企業、エンタープライズソフトウェア、Linuxの初期段階からのLinux、Linuxのサバイバルガイド:LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるように計画しています

インストールプロセスは、Fedora 18の場合と非常によく似ています。このリリースでは、anacondaインストーラがさらに改良されました。

つまり、新しいアナコンダが好きな人(私がやった人)はもっと幸せになり、それを気に入らなかった人は(この人を軽く、​​多くの人に)喜ばせることはできません。

以前はスクリーンショットを付けて、新しい、anacondaのインストールプロセスについて詳しく書いてきましたので、ここでは重要な違いだけを取り上げます。

最初に、Network ConfigurationがメインのDispatcher画面に組み込まれました。これは確かにそれを行うための最も論理的な方法です – なぜ以前のリリースで別の画面があったのか分かりませんでした。

第二に、Disk Partitioning(ディスクパーティショニング)画面のデザイン、説明、オプションが改善されました。この新しい画面では、オプションが何であるか、それぞれの意味をより明確にすることができると思います。これは、以前のリリースの同等の画面よりもはるかに優れています。

最後に、作成するユーザーアカウントの指定が、ルートパスワードが既に入力されているインストールの進捗状況画面に追加されました。繰り返しますが、以前のように、最初の起動時に別のステップとして使用するよりも、これは私にとってははるかに意味があります。

また読む

配布メディアはLinuxカーネルバージョン3.9.5をインストールしますが、インストールされたシステムの起動後に最新のアップデートをすべてインストールすると、3.9.8になります(この記事の時点)。インストールされているGnome 3は3.8.2.1で、これにはApplicationsメニューがあります。

サイドバーの下部にある「ドットのボックス」をクリックしてアプリケーションメニューを表示し、画面の下部にある選択項目で「頻出」と「すべて」の項目を切り替えることができます。このメニューの “Utilities”と “Sundry”の項目のグループ化に注意してください。いずれかをクリックすると、そのグループの項目をリストしたサブメニューが表示されます。

また、ノートブックディスプレイに加えて外付けモニターを備えたLifebook S6510にこのリリースをインストールしたときに、Fedoraが両方のディスプレイを正しく検出して設定し、自動的に「拡張デスクトップ」にするということも言及しておきます。これはFedoraにとっては新しいものではありませんが、これはかなり長い間自動的に実行されていますが、私が定期的に使っているディストリビューションの中で唯一のものです。

このリリースでは、他に何が新しくて注目に値するのですか?ここに短いリストがあります

– LibreOffice 4.1.0.1

– ショットウェル0.14.1

– リズムボックス2.99.1

– トーテムビデオプレーヤー3.8.2

– Firefox 22.0

含まれていないものは?さて、これはFedoraです。つまり、独自のパッケージやFOSS以外のパッケージを意味しません。ほとんどの人が気付くはずの最初のことは、Adobe Flashがインストールされていないことです.2番目はおそらくJavaがインストールされていないということです。

また、AMD / ATIまたはnVidiaのグラフィックハードウェアを使用している場合、それらの専用ドライバも含まれていません。これらのすべてをダウンロードしてインストールすることができ、労力を軽減することができます。ウェブの入手方法はたくさんありますので、必要な場合は簡単に検索してください。

要約すると、このリリースはFedoraから期待されるものです。安定した、安定した、インストールと使用が簡単です。

私はこれまでのほとんどのノートパソコンやネットブックにインストールしてきましたが、まだ問題は一つありませんでした。これには、Intel、AMDのCPUおよびグラフィックコントローラ、Intel、Broadcom、Atheros、Ralink、Realtekの有線および無線ネットワークアダプタが含まれます。すべてのデバイスが認識され、サポートされています。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

?Red HatはまだOpenStackの会社であることを計画しています

?初期のLinuxで始める

Linuxのサバイバルガイド:この21のアプリケーションは、LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるようにします