飯山AS4637UTレビュー

飯山のAS4637UTは高品質の18.1インチです。 LCDモニタ。画面の非常に狭いベゼル(わずか12mm)は、フレームではなく画像が前景に残るようにします。また、指定されたAS4637UTの画面を回転させることで、ポートレートモードと標準的な横向きの向きで作業することができ、スタンドの高さを約85mm調整して人間工学的に最適な位置を提供することができます。

電源は統合されており、背面には2つのDVI-I入力、USBハブ(4ダウン、1アップ)プラスSビデオおよびコンポジットビデオポートが装備されています。オプションの1Wラウドスピーカー用電源コネクタもあります。

デュアルDVI-Iポートにより、AS4637UTは2つの独立したコンピュータビデオ信号を受信できます。各信号はデジタルまたはアナログのいずれでもかまいません。 Iiyamaは、電源ケーブルとビデオケーブルのほかに、DVI-IとDVI-DケーブルとUSBケーブルも提供しています。モニターを盗難から守るため、AS4637UTはKensingtonロック対応です。

AS4637UTは1,280×1,024ピクセルのネイティブ解像度を持ち、1:1または補間された全画面モードで低解像度を表示します。 IPSパネルは水平および垂直視野角170度を提供し、コントラストを過度に損なうことなく優れた視認性を提供します。画面を約30度上に傾けることも可能です。

これは18.1インチ回転可能です。特にグラフィックス、CAD、DTPの作業に適しています。明るさと色の忠実度もとても良いです。最適な結果は、PCからディスプレイまでの全デジタル経路におけるビデオ信号の劣化が最小限であるため、デジタル接続のAS4637UTで得られます。

アナログ接続を使用する必要がある場合は、オンスクリーンメニューとディスプレイ上の小さなボタン(主にオンスクリーンメニューをナビゲートするのに役立ちます)を使用して、モニタの設定を調整する必要があります。 。ディスプレイの調整オプションは、自動セットアップ機能、輝度、コントラスト、信号源の選択、および電源スイッチに制限されています。画面上のメニューを介したナビゲーションは、より直観的である可能性がありますが、実際には十分に簡単です。多くの画像調整オプションが用意されていますが、画像の最適化に時間をかけすぎたくない場合は、自動セットアップ機能がうまく機能します。

応答時間が35msのAS4637UTは、動きの速いゲームやDVDムービーを表示する際にTFTディスプレイに妥当な結果をもたらしますが、CRTモニターは一般にこれらのアプリケーションに適しています。

EizoのL685は、主に大企業を対象としたより広範な機能と、最小限の画質を提供します。しかし、飯山のAS4637UTよりも200ポンドほど高価で、3年保証が付いています。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン