財務省、ICTサービスパネルの呼びかけ

財務省と規制緩和部は、既製のソフトウェアとハ​​ードウェアであるICTサービスの提供者のパネルに入札している。

当局は、3年間の初めの3つの地域にプロバイダのパネルを設置し、さらに3年間延長する可能性を検討していると発表した。

ICTサービスについては、戦略開発、品質保証、ビジネス分析、エンタープライズアーキテクチャ、データマイグレーション、ホスティング、トレーニング、メンテナンス、サポートなどのサービスを提供するパネリストを求めています。

市販のソフトウェアの場合、パネリストはソフトウェア、サブスクリプション、ライセンス、パッチ適用とアップグレード、オンコールとオンサイトの保証とサポートを提供する必要があります。当部門の現在のプロバイダには、Adobe、BlackBerry、CheckPoint、Citrix、VMWare、Oracle、Siemens、Symantecが含まれます。

ハードウェアパネリストは、ハードウェアだけでなく、関連するソフトウェア、ライセンス、インストールおよびサポートも提供する必要があります。 IBM、Citrix、Dell、およびEMCは現在、すべてその部門にハードウェアを提供しています。

オーストラリア政府情報管理局(AGIMO)は、オーストラリアのウェブサイトで、この入札は、昨年末のディスカッション・ペーパーで初めて出されたAGIMOの全政府ICTサービス・パネルとは無関係であると語った。 AGIMOによると、ICTサービスパネルのレビューは「すぐに発表される」だろう。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ブラジルのパラリンピックは技術革新の恩恵を受ける

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性