日立SMS100レビュー

Hitachi SMS100は、12月に発売されたSASまたはSATAディスクドライブから構築されたいくつかのストレージ容量で利用可能なミッドレンジiSCSIストレージシステムです。すべてのバージョンにフォールトトレランス用のデュアルパワーサプライがあり、シングルおよびデュアルRAIDコントローラのバージョンが利用できます。障害が発生した場合に、一方のコントローラーが他方のコントローラーを引き継ぐため、2つのRAIDコントローラーが最高のフォールトトレランスを提供します。

このユニットの最も興味深い機能の1つは、障害のあるユニットを交換するための自動移行機能です。同じく注目に値するのは、データのシュレッディング機能です。アレイからすべてのデータを完全に消去し、スワップアウト後にサプライヤに返すことができます。

シャーシには、オプションのホット・スペア・ドライブ用に2つのホット・プラガブル・スロットがあります。しかし、通常の運用で使用されるディスクドライブは装置に密閉されているため、障害が発生した場合にシステム管理者がこれらのドライブを交換したり、シャーシにディスクを追加してストレージ容量を増やすことはできません。故障したRAIDコントローラを交換したり、最初に単一のコントローラバージョンを購入した場合は、2台目のRAIDコントローラを追加することもできません。 2つ以上の故障したディスクドライブまたは別のハードウェア障害を持つユニットは、交換のために交換する必要があります。これは自動移行機能のおかげで比較的簡単で、保証期間中は無料ですが、通常は3年間続きます。ストレージ管理者のメンテナンスとアップグレードは、SMS100の機能とほとんど同じです。

RAID 6は、高いレベルのフォールトトレランスを提供するために使用されます。これは、パリティデータ用に2つのディスクを使用するため、2台のディスクに障害が発生した場合でも装置は動作します。しかし、このような少数のディスク機構から得られる膨大なストレージ容量では、アレイが障害のあるドライブからホットスペアにデータを再構築するのに数日かかる場合があります。 RAID6は、過剰な使用ではなく、アレイがこのプロセスを完了している間、耐障害性を維持するために使用されます。当社は、146GBのSASドライブで構成されたSMS100の6ドライブ版をテストしました。これにより、総ストレージ容量は531GBになりました。

組み込みのWebサーバーは、ハードウェアの概要を提供しますが、ユニットの構成には使用できません。代わりに、SMS100は、HitachiのStorage Navigator Modular 2(HSNM2)管理スイートを使用してリモート管理されます。これは別のPCにインストールする必要があります。

各RAIDコントローラには4つのネットワークインターフェイスがあり、そのうちの1つは管理PCをRAIDコントローラに接続するためのものです。 iSCSIトラフィックには2つのネットワークインターフェイスがあり、4つ目は日立の技術者用のメンテナンスポートです。

新しいユニットは、静的なクラスCのプライベートIPアドレスで構成された各管理インターフェイスとともに提供されます。 HSNM2ソフトウェアをインストールする前に、管理PCのIPアドレスを同じサブネットに設定する必要があります。このすべては「クイックインストールガイド」に記載されていますが、マニュアルを参照することなくユニットをセットアップするのは他のものよりも難しいでしょう。私たちのテストでは、管理IPアドレスをiSCSIインターフェイスと同じIPサブネットを使用するように設定できないことがわかりました。これはテスト環境では少し不便でしたが、ほとんどのお客様にとっては問題ではないでしょう。

HSNM2の新しいインストールでは約1GBのディスク容量を消費していましたが、それはWebベースの管理システムなので、1台のPCにインストールして他の人が独自に使用できるはずですデスクトップ。

テストでは、Webブラウザを起動し、ワークステーションのIPアドレスを指すようにしました。適切なユーザー名とパスワードを入力すると、新しいブラウザウィンドウが開き、基本的なHSNM2コンソールが表示されます。コンソールが初めて使用されたので、SMS100コントローラのIPアドレスを要求し、ユニットをHSNM2スイートの制御下に置いたアレイの追加ウィザードで開いた2番目のブラウザウィンドウが使用されました。

このアレイをスイートに追加すると、コントローラとiSCSIインターフェイスの最終的なIPアドレスを設定すること、ストレージがレポートをストレージに送信する際にアレイが使用する電子メールアドレスを設定することなど、別のウィザードが初期設定を実行するのに役立ちました管理者。時間と日付を設定するオプションもありました。

アレイがネットワーク用に設定されたら、HSNM2を使用してテスト用のLUN(論理ユニット番号)を作成しました。その後、コントローラのIPアドレスをテストワークステーションのWindows iSCSIイニシエータソフトウェアに追加し、SMS100 LUNを使用するようにすぐに構成できました。

これは新しく作成されたLUNであるため、データをSMS100にコピーする前に、Windowsディスク管理ツールを使用してNTFSファイルシステムでLUNをフォーマットする必要がありました。テストでは、Windows XP Professional Version 2002 SP3を実行し、2.8GHz Intel Pentium 4、760MB RAM、およびオンボードBroadcom 440x 100Mbps NICを搭載したデスクトップPCを使用しました。このデスクトップPCから50MBのファイルをアレイにコピーするのに約1分かかりました。 SMS100のパフォーマンスを向上させるために、複数のCPUとギガビット速度のネットワークカードを装備した最新のサーバーが必要です。

全体的に我々はHSNM2ソフトウェアに感銘を受けました。一般的なツインパネルのユーザーインターフェイスを使用して、左側のパネルにオプションのリストを表示し、右側のパネルに選択したオプションの詳細を表示します。

たとえば、iSCSI Targetsページには各コントローラインターフェイスのエントリがあり、コントローラをクリックして各コントローラによってサーバーに割り当てられたLUNの一覧を表示できます。同様に、設定ページにはアレイを再構成するためのページのリストがありました。このページを使用してLUNを拡張し、アレイファームウェアを更新し、iSCSI設定を調整することができます。このページには、オート・マイグレーション機能とデータ・シュレッディング機能にアクセスするために使用されるアレイの置換機能へのリンクもありました。 Unfortunatel私たちはSMS100を1つだけ提供していたので、自動移行機能をテストできませんでした。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン