日立データシステムズ、全フラッシュアレイを発売

日立データシステムズは、ストレージ大手がソリッドステートストレージの背後に並んでいるという兆候でオールフラッシュアレイの新しいファミリを発表しました。

HDSの発表は11月に開始された。

オールフラッシュのアレイはHitachi Flash Storage Aと呼ばれ、データサービス、保護、およびサービス品質管理が含まれています。

HDSによると、最大のテーマは、最新のフラッシュアレイがフットプリントを削減するアプライアンスアプローチを採用していることです。展開も簡単です。中でも重要なポイント

オールフラッシュの分野には、EMC、HDS、NetApp、IBM、HP、Dellなどの企業や、Pure StorageやViolinなどの企業と戦っている多数の企業が混在しています。

NetApp、Zaloniと提携しているデータ湖の中間層システムを開始

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す

システムパフォーマンスデータは、HDSのQuality of Serviceソフトウェアを使用して複数のアプリケーションで共有することができます;インラインデータ重複除外、圧縮、および複製に対応したサービスが利用可能です2U内に最大60個のソリッドステートドライブを使用できる3つのモデルトレイ。実効容量は384TBにもなります。

ストレージ、NetApp、Zaloniと提携しているデータレイク向けの中間層システム、クラウド、EMCとの契約を締結したMichael Dell:「データセンター、Dellテクノロジーズのリフトオフ:Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合;ストレージ; FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズムは、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指して