富士通Lifebook S760レビュー

富士通のLifebook Sシリーズは、パフォーマンスを犠牲にすることのない軽量ノートブックをお求めの方に最適です。 Sony VAIO Zの最近のレビューでは、プレミアム・プレミアム・プレミアム・プレミアム・プレミアム・プレミアム・プレミアム・プレミアム・プレミアム・プレLifebook S760は、897ポンドから1,101ポンド(例:VAT)に上昇するより安価です。

デザイン:富士通はノートブックの物理的なデザインを常に正しくするとは限りませんが、S760はたくさんのボックスを刻む。誰もが、白いキーボードと明るい色の手首レストを好むわけではありませんが、我々はそれをどのような形でも不快に感じません。

13.3インチライフブックS760は超軽量重量1.6kg

さらに重要なことに、ノートブックを閉じたときに、ふたとベース部分を一緒に保持する非常に頑丈なクラスプがあります。ノートブックが旅行用バッグに入っていないときに、画面とキーボードの間に異物が入らないようにするため、メーカーにはこの機能を組み込む必要があります。

ライフブックS760は、幅31.4cm、深さ22.2cm、厚さ3.05cm、重さ1.6kgの小型軽量です(特定の構成に応じて変化します)。ほとんどの人は定期的に持ち歩くことに問題はありません。

シャーシのベース部分はすごく丈夫です。蓋のセクションには、マグネシウムベース、レビューサンプルのように2つのオプションがありますが、複合材でできているより丈夫ですが、わずかに厚くて重いリッドもあります。マグネシウムの蓋にはかなりのたわみ量があります – ソニーのVAIO Zほどではありませんが、少し気になるほどで​​す。

キーボードは新しいデザインで、頻繁に使用される非QWERTYキーが通常よりも大きくなっています。富士通はFnキー、矢印キー、バックスペースキーの入力はすべて利益をもたらすと主張しています。実際、Fnとバックスペースのキーは普通のサイズに見えますが、矢印キーは他のノートブックで見たほど大きくはありません。しかし、Enterキーは目立つほど大きく、ダブルハイトでもあります。

こぼれにくいキーボードは、キーを押すと安心してクリックできるようになっています。私たちは快適なタッチタイピング速度を実現しました。

2ボタンのタッチパッドの横には、簡単な垂直スクロールのための円形のScrollWheelがあります

画面の下に2つのボタンのタッチパッドがあり、オプションの指紋スキャナがボタンの間にあります。タッチパッドは、その右端および下端に垂直および水平スクロールゾーンを有する。さらに、タッチパッドの右側には、直径25mmのタッチパッド領域ScrollWheelがあります。これは垂直スクロールバーとして機能します。指を時計回りに回すと下にスクロールし、反時計回りにスクロールします。

ScrollWheelは人間工学的に使用することができ、従来のタッチパッドのスクロールゾーンよりも反応性が高く、タッチパッドで使いやすくなっています。ウェブブラウジングのために独自のものがありましたが、試したすべてのアプリケーションで機能しました。

13.3インチLEDバックライトディスプレイは、1,366×768ピクセルのネイティブ解像度を持ち、鮮明で明るいです。光沢のない防眩ディスプレイは反射性がまったくないことを意味しています。晴れた日の晴れた日には、窓の後ろで作業することができてとても嬉しかったです。

画面の上には、富士通がCyber​​LinkのYouCamソフトウェアを提供する(オプションの)1.3メガピクセルのウェブカムがあります。これは幅広い機能を提供しますが、そのほとんどは明らかに非商業的なものです。たとえば、アニメーション、アバター、ディストーションエフェクト、漫画風の尻尾、画像に描画してYouTube、Facebook、電子メールにアップロードする機能があります。もちろん、ビデオ監視、静止画とビデオキャプチャ、およびビデオ会議にカメラを使用することができます。ただし、オートズームや顔のトラッキングなどの基本的な機能はありません。

特徴; Lifebook S760のレビューサンプルはトップエンドモデルで、1,101ポンド(元VAT)です。統合されたHDグラフィックスを搭載した2.4MHz Intel Core i5-520Mプロセッサを搭載し、標準で4GBのRAMを搭載し、8GBまで拡張可能です。チップセットはIntelのQM57 Expressで、オペレーティングシステムは64ビットWindows 7 Professionalです。

接続には、ギガビットイーサネット、Bluetooth(2.1 + EDR)、Wi-Fi(802.11b / g / n)、HSPA(7.2Mbpsダウン、5.76Mbpsアップ)が含まれます。 SIMスロットはバッテリーの下にあります。 5,400rpmのSATAハードドライブは320GBのストレージを提供します。

画面の上には、メインのオン/オフボタンと5つのショートカットボタンの行があります。 1つはシステムをログイン画面にロックし、もう1つはWindowsモビリティセンターを開き、Microsoftと富士通のシステム設定と調整にアクセスし、3番目には富士通ラウンチセンターを開き、マニュアル、システム診断プログラム、他のベンダー提供のサービスでは、4番目のボタンがブルートゥースとWi-Fiのワイヤレスプロファイルセレクタを起動します。

5番目のボタンは、富士通の省電力ユーティリティ設定にアクセスします。ここでは、パフォーマンスと電力のバランスを取るためにデバイスのさまざまな側面を設定できます。カスタム設定は富士通のEcoSettings電源プランに組み込まれています。

ポートとコネクタの合理的なセットは、左側に3つ、右側に2つのUSBポートを含みます。残念なことに、2つの右側ポートは垂直に積み重ねられ、1つのスロットで使用される多くの周辺機器がもう一方のスロットをブロックします。

左端には、無線ラジオのオン/オフスイッチ、HDMIポート、イーサネット(RJ-45)コネクタもあります。右側には、ExpressCardスロットと、2台目のバッテリまたはスペースセーバを収容できるモジュラベイのオプティカルドライブがあります。

フロントエッジには、ヘッドホン/マイクジャックと、SD対応メディア用のメモリカードスロットがあります。

パフォーマンス&バッテリ寿命; Lifebook S760のWindowsエクスペリエンスインデックス(WEI)4.5(7.9のうち)は、ほとんどの評価に対して正当な理由がありません。全体のWEI評価は、最もスコアの低いコンポーネントに対応します。このコンポーネントは、この場合はグラフィックス(Windows Aeroのデスクトップパフォーマンス)でした。その他の要素はすべて5点以上となり、プロセッサーには非常に受け入れられる6.8が得られました(1秒あたりの計算数)。

残りのサブシステムのスコアは、ゲーミンググラフィックス(3Dビジネスとゲームグラフィックスのパフォーマンス)では5.2、プライマリハードディスク(ディスクデータ転送速度)では5.4、RAMでは5.9であった。

富士通では、最大12時間のバッテリー駆動時間を提案していますが、これを実現するには、通常、オプティカルドライブが占めるモジュラーベイに搭載されているオプションの第2バッテリーとメインバッテリーを使用する必要があります。富士通のメインバッテリーを装着するだけで、最大8時間の人生を送ることができます。

前述のエコモードシステムは、アイドル状態のコンポーネントの電源を落とし、画面の輝度を下げて消費電力を削減します。私たちの普通のバッテリーは、ノートブックにできるだけ長い時間映画を送ろうとしています。そして、S760の場合、バランスプランを選んで画面の明るさをデフォルト設定にしました。これは実際にはかなり低く、多くのユーザーにとって低すぎる可能性があります。このような状況では、S670はわずか3時間以上続いた。記録のために、Fujitsuの6セル5,200mAhバッテリーに対する要求は8時間です(MobileMark 2007)。

スピーカーの音量は特に大きいわけではないので、小規模なグループにプレゼンテーションを送るために何かを探しているなら、これはノートブックではないかもしれません。

結論:富士通のLifebook S760は非常に使いやすいノートブックです。私たちのレビューサンプルではかなりフレキシブルなリッドオプションとは別に、よく構築されており、ほとんどのビジネストラベラーのニーズを満たすのに十分な機能を備えています。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン