富士通ライフブックT730レビュー

FujitsisのLifebookシリーズには、長い間、よく作られ、信頼できるコンバーチブルタブレットPCが含まれていました。 T730は最新のものです。 T370は、モバイルブロードバンドとGPSで構成することができ、タッチスクリーンとペンベースのコンピューティングが好きなモバイルプロフェッショナルにとって魅力的なノートブックになります。しかし、価格は1,078ポンド(税別)から安くなるわけではないので、一流のデザイン、耐久性、性能が期待できます。

デザイン; Lifebook T730のシャーシデザインは、混在したバッグのようなものです。蓋にはほとんど曲がりがなく、ベース部分もしっかりしています。しかし、手首レスト領域は薄く、右側を押し下げるときれいになります。バッテリーはこのセクションの下にありますが、ここではもう少し保護が必要です。

12.1インチライフブックT730は1.8キロから始まりますが、追加オプションは重量を増加させます

12.1インチライフブックT730は、29.7cm×23.3cm×3.84cmという非常にコンパクトですが、かなり重いです:1.8kgから始まりますが、オプションのコンポーネントを基本構成に追加すると、これは上昇します。これは、タブレットモードでの長時間の使用のために腕の詐欺師を運ぶためのかなりの重量であり、バッグ内でも目立つようになります。

画面の解像度は1,280 x 800ピクセルで、通常の1,366 x 768ピクセル(16:9)よりもやや広いフォーマット(16:10)になります。一度に開いた2つのドキュメントを使用して作業し、もう少し深みを感じることができますが、物の幅方向に苦しんでいます。私たちのレビューサンプルは、標準的なLEDスクリーンを持ち、合理的に良好な視野角を提供しました。これは垂直面よりも水平面で優れていました。より明るい屋外で見ることができる高輝度ディスプレイを選ぶことができます。

画面はタッチセンシティブで美しく反応します。すぐにアプリケーションで指先を叩くこと、そしてウィンドウのサイズを変更したり、アプリケーションメニューを使用するなどの面倒な作業を行うことは、私たちにとって第二の性質となりました。

この画面は、ある程度のマルチタッチ機能をサポートしています。ダブルタップ、スクロール、ズーム、回転が可能です。スクロールは、画面上で指を上下にドラッグするだけで、スマートフォンでスクロールするほど敏感です。 Webブラウザやその他のアプリケーションでも動作します。ドキュメントをスクロールしてタブレットモードで快適な体験をすることができました。あなたが十分に掃引すればロールオン効果もありますが、水平スクロールはサポートされていません。

ズームは、2本指のピンチ操作です。多くのスマートフォンと同じように、スムーズではありません。画像を回転させる:画像の2つの対角に触れ、次に時計回りまたは反時計回りにねじります。スタイラスを使用することもできます。スタイラスは、画面の右端の下端にしっかりと取り付けられています。スタイラスは作業を書く上ではるかに便利です。

キーボードは使いやすいですが、キーがかなり遠くに押し込まれますが、これは誰にも合わないでしょう。しかし、キーボードにはほとんどフレックスがありません。キーを押すと安心してクリックできます。メインのQWERTYキーの上にフルハイトの数字キーの行があり、その上に半分の高さのFNキーの行があります。 ‘逆T’矢印キーには二次的な機能はありません。

タッチパッドは垂直スクロールと水平スクロールをサポートしていますが、マルチタッチ機能はありません。その下にあるボタンは大きく、応答性があります。

画面のスイベル機構は、時計回りと反時計回りの両方向で機能し、強く感じます。これはタブレットPCなので、画面セクションにはいくつかのコントロールがあります:指紋センサー、オプションの200万画素ウェブカメラとビデオ会議用の1組のマイク、5つのボタンの配列、メインのオン/オフスイッチといくつかのステータスLEDがあります。

5つのボタンにはいくつかの機能があります。個別に、画面の向きを変更したり、スクロールしたり、クイックアクセスメニューを開いたり、ログオン/ログオフしたり、セキュリティコードでログオンしたりすることができます。これらのアプリケーションを組み合わせることで、事前に選択した2つのアプリケーションを起動し、内部ディスプレイと外部ディスプレイを切り替えることができます。

機能:Lifebook T730には、Intel Core i3、i5、i7プロセッサーを含む、2.8GHzコアi7-640Mで最高の構成が用意されています。私たちのレビューユニットには、2.26GHzで動作するエントリーレベルのCPUであるCore i3 – 350Mがありました。これは2GBのRAMによってバックアップされ、8GBまで拡張可能です。

私たちのレビュー部はWindows 7 Professional 64ビット版を実行しましたが、Windows XP Tablet PC Edition 2005はオプティカルメディアにプリインストールまたは提供することができます。グラフィックスはCPUパッケージに統合されたインテルHDグラフィックスモジュールで処理されます。外部モニタでサポートされる最大解像度は1,920 x 1,200ピクセルです。

ワイヤレス接続には、Wi-Fi(選択されたオプションに応じて802.11b / g / nまたはa / b / g / n)、Bluetooth(2.1 + EDR)およびオプションのモバイルブロードバンド(Gobi 2000)が含まれます。ギガビットイーサネットも利用可能です。レビューサンプルに320GBのハードドライブが5,400rpmで回転していました。その他のオプションには、160GBと500GBのハードドライブ、64GBと128GBのSSDがあります。従来のハードドライブは衝撃センサの恩恵を受ける。

シャーシの右側にあるモジュラーベイには、セカンドバッテリー、セカンドハードドライブ、DVDスーパーマルチドライブ、Blu-rayコンボドライブ、または重量セーバーを収納できます。私たちのユニットはDVD Super Multiドライブを持っていました。

シャーシの前面には、FireWireコネクタ、ヘッドホン/マイクジャック、Wi-Fi用のハードウェアスイッチ、SD対応およびメモリースティック用のリーダーがあります。

左端には、USB 2.0ポート1つ、ExpressCardスロット、電源コネクタがあります。バッテリーはシャーシの底面にあるので、後部はポートとコネクタでも使用できます。さらに2つのUSB 2.0ポート、HDMIポート、イーサネット(RJ-45)コネクタ、ヒンジ付きカバー、VGAポート。

Webカメラで使用する場合は、慣例のCyber​​link YouCamを提供しています。これは、ビデオ会議の場合は問題ありません。キャプチャされたビデオや写真を電子メールに添付する機能が役立ちます。しかし、私たちはビジネスユーザーがYouTubeやFacebookのアップローダー、あるいはさまざまなアバターやエフェクトを多用しているとは確信していません。

パフォーマンス&バッテリ寿命; Lifebook T730のWindowsエクスペリエンスインデックス(WEI)の評価は4.0(7.9のうち)です。 WEIは、最もスコアの低いサブシステムに移動します。このサブシステムは、この場合はグラフィックス(Windows Aeroのデスクトップパフォーマンス)でした。

残りのコンポーネントスコアは、ゲーミンググラフィックス(3Dビジネスとゲームグラフィックスのパフォーマンス)5.1、メモリ(RAMメモリ操作/秒)5.5、プライマリハードディスク(ディスクデータ転送速度)5.6、プロセッサ6.3二番)。これらの評価は、ToshibaPortégéR700で達成されたものとほぼ同じです。

レビューサンプルには、6セルの5,200mAhバッテリが付属しています。また、より大容量の6セル5,800mAhバッテリを選択することもできます。富士通は、1つのバッテリから最大7時間の実行時間を要求しています。この2つのうちどれが参照されているかは示されていませんが、より容量の大きいセルであると想定しています。

モジュラーベイに2番目のバッテリーを取り付けることもできます。これは6セルの3,800mAhのバッテリーで、富士通からは合計ランタイムが最大11時間となっています。

画面には周囲光センサーがあり、起動するとバッテリーの寿命を延ばすことができます。これを切り替えて、Fujitsu EcoSettingsの電源プランを選択した後、メインバッテリーを完全に充電した後、Lifebook T730にオプティカルドライブからムービーを再生するよう依頼しました。それは2時間23分前にこれを行い、バッテリー寿命の10%が残ったまま、ノートブックは休止状態に入った。

ツインスピーカーは、スクリーンセクションに配置されているため、タブレットモードで使用することができ、膨大な音量を出力することはありません。しかし音質は無差別です。おそらく個人的な使用には適していますが、少人数のグループにプレゼンテーションする場合は外部スピーカーが必要です。

結論;富士通Lifebook T730は、きちんとした小さなコンバーチブルタブレットPCです。その12.1in。タッチスクリーンは印象的です。ビルドの品質の大部分です。多くの設定オプションもあります。しかし、バッテリーの寿命は良くなり、比較的高価になります。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン