北朝鮮は米国、南部がサイバー攻撃の妨害をしていると非難している

北朝鮮は、米国にインターネットサーバーの侵入を目的としたサイバー攻撃の発令を訴えている。

ロイター、朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮民主主義人民共和国)、または公式に知られているように、米国は主要なニュースサービスに混乱を招く一連のサイバー攻撃を非難すると考えている。

問題のサイバー攻撃は、多数のオンラインサービスの混乱を招き、KCNA通信社やロドン・シンムン新聞などのサービス・ウェブサイトへのアクセスを一時的に停止させた。金正日(キム・ジョンイル)総書記

米国と韓国の傀儡政権がサイバー軍を大量に強化して、北朝鮮に対する破壊的活動や破壊を強めようとすることは誰の秘密でもない。北朝鮮が運営するインターネットサーバーでは、毎日集中的かつ永続的な攻撃が行われています。

KCNAはまた、両当事者は「すべての結果に対して責任を負わなければならない」と述べた。

北朝鮮自体は、世界の政府機関や企業を倒そうとする悪質なソフトウェアの拡散の責任を負っている。 2011年、韓国は韓国のサイバー攻撃を開始したと非難され、主要データを破壊し、顧客が数日間資金にアクセスできなくなった韓国銀行に属するサーバーの約半数を墜落させた。続いて捜査を担当した金泳基(キム・ヨンデ)検察は、これを「前例のない北朝鮮のサイバーテロの行為」と呼んだ。

北朝鮮は、この種の告発で、南部のライバルが対立の火を燃やしていると言いますが、出版社によると、北朝鮮の数千人のコンピュータエンジニアがサイバーウォーカーに募集されていると警告しています。

米国は深刻な問題を抱えており、中国との協議や、サイバー攻撃の主な原因の1つであるとの批判など、興味深い時期に告発されている。今週初めて、米国の情報機関は、サイバー攻撃が懸念されていること、テロに勝つこと、国家安全保障の観点から、そのような脅威に対処するための対策を講じなければならないと述べた。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressは重要なセキュリティホールを修正するために今更新するようユーザーに促す、セキュリティー、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者