ミントシナモンのホットコーナーでハンズオン

「ホットコーナー」のアイデアは、しばらくの間人気が高まっています。私が最初に大規模なディストリビューションでそれを見るのは、Gnome 3がリリースされたときだったと思います。もちろん、現在使用されている他の主要な例はWindows 8です。

コンセプトはかなりシンプルです。スクリーンのコーナーの1つで何かをして、何らかのアクションが起こります。この場合興味深いのは、Cinnamonデスクトップの実装の柔軟性です。

ホットコーナーの設定画面はシステム設定グループにあり、下のパネルを右クリックしてすべての設定を選択するか、ミントメニューの環境設定セクションでアクセスできます。

画面の各コーナーにはアクションが関連付けられていても、デフォルトではアクティブではないので、多くのユーザーはこの機能がCinnamonに存在することさえ知りません。私はそれがデフォルトで有効になっているよりも優れていると思うし、ユーザーは初めて彼らが角を打ったとき何が起こっているのだろうと思っていて、新しい予期しないポップアップがある。コントロール画面で、ホットコーナーがアクティブな場合は網掛け領域が緑色で、アクティブでない場合はピンク色です。

コーナーに関連付けられたアクションは、アクションを開始するためにマウスを角まで動かすだけで済むように、またはコーナーのアイコンをクリックしてアクションを開始する必要があります。コーナーが「ホット」でない場合。

任意のコーナーに割り当てることのできる4つのアクションがあります

これらは排他的ではなく、同じアクションを複数のコーナーに割り当てることができます。私が使用している可能性の1つは、上部の両方のコーナーにワークスペースを表示/選択し、下部のコーナーにWindowsを表示/選択させることです。もちろん、極端な場合には、各コーナーに異なるアクションを割り当てることができます。

さて、それは理論ですが、現実はどうですか?私がこの記事で本当に話したかったのは、私がこの機能を自分自身で使用して見つけたものです。

私はいつもボトムパネル上で自動隠しを使うので、私がそれを必要としないときに途絶える。これは下部のホットコーナーといくつかの相互作用があります – マウスを画面の下部に移動すると隠れたパネルが表示されますが、画面の下部の角の1つにマウスを移動すると他の操作を行う必要がありますそれらのうちの1つが「勝つ」?

まず、「アイコン表示」を選択してホットコーナーのクリックを有効にすると、アイコンが実際にパネルの上にオーバーレイされます。それはちょっと混乱するかもしれませんが、実際にはまだOKです。アイコンの周りの領域がホットコーナーのクリック面になり、そこにマウスを置くとパネルが表示されません。

「ホバー有効」を選択すると、コーナーの先端がホットコーナーの起動ポイントになり、パネルが表示されません。カーソルを画面の端に移動してコーナーにスライドさせると、非表示のパネルが表示されません。しかし、HoverからClickを有効に切り替えて同じことを行うと、画面の一番下に来るとパネルが表示されます。

これはすごく涼しく、プログラマーの立場からは、Mint開発者がこのような論理的な方法でこれを実装できることは印象的です。しかし、ユーザーの立場からは、パネルを隠してホットコーナーを使用するかどうかは疑問です。

これが複数のディスプレイでどのように機能するかを見ることも面白かったです。ホットコーナーは、「プライマリ」ディスプレイにのみ存在します。それは私が考えることができる3つのオプションの中で最も明白でした(他はすべてのディスプレイのすべてのコーナーで同じホットコーナーでした。しかし、あなたは複数のディスプレイが配置されています)。

これにより、2つのディスプレイの境界にある2つのコーナーのいずれかで「ホバー」を有効にすると、ややこしいことになります。ほとんどの人にとって、今までの「ホバー」は「マウスを隅まで叩く」ことを意味していましたが、複数のディスプレイを使用している場合は、2番目のディスプレイが表示されている境界線上でカーソルを移動するだけで、ホットコーナーが何をすべきかに関わらず、通常はトリガーする必要はありません。

ここで私のデスクトップシステムのデュアルディスプレイ設定のスクリーンショットです

ワークスペースの表示と選択、ウィンドウの表示と選択、デスクトップの表示、コマンドの実行(どのコマンドを指定するか)

Windows 8.1 Updateが私の混乱をどのように拡大したかopenSuSE、Fedora、Linux Mintなどで新しいラップトップをテストするHands On:Linux Mint 17 Release Candidate

ワオ。さて、明らかに説明が必要です。最初に、私は通常、その壁紙を使用しない – 私はそれが私がしたらかなり素早く吐き気になるだろうと思う。白いホットコーナーのアイコンとはもう少しコントラストがあるので、私はここでそれを使用しています。第二に、ラップトップのディスプレイは1280×800で、外部モニタは1920×1080です。したがって、この組み合わせたスクリーンショットで見られるサイズと黒い領域の違いです。第三に、あなたがこの写真で本当に大変盛り上がるならば、ラップトップ画面の四隅のアイコンを作成することができます。プライマリとして外部モニタを使用するように切り替えると、その4つのアイコンがそのプライマリアイコンに移動します。

したがって、この画面レイアウトの特定のケースでは、ラップトップ画面をプライマリとし、右側の外部ディスプレイを使用して、ラップトップディスプレイの右側にある2つのホットコーナーをトリガーにすることは、それらをオーバーシュートするのは簡単です。

複数のディスプレイで使用する場合、ホットコーナーによって引き起こされる実際の機能はどうですか? 「すべてのワークスペースを表示」機能を押すと、すべてがプライマリ画面に表示されます

ああ、そして、画面の右端にある「+」を押して、新しいワークスペースを追加することができます。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューション、クラウド、Red HatはまだOpenStackの企業、エンタープライズソフトウェア、Linuxの初期段階からのLinux、Linuxのサバイバルガイド:LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるように計画しています

「すべてのウィンドウを表示」機能を押すと、それぞれのディスプレイにウィンドウが表示されます

それはあまりにも意味があります。ここで任意のウィンドウを選択すると、そのウィンドウがアクティブな状態でディスプレイが通常に戻ります。しかし、ウィンドウを選択せず​​にこの機能から抜け出したいのであれば(つまり、誤ってコーナーにぶつかったのでここに来た)、再度クリックするか、Escキーを押してください。それはしない。

「デスクトップを表示」機能は、シナモンタスクバー(および他の多くの機能)の同等のボタンとまったく同じように機能し、開いているすべてのウィンドウを最小限に抑えます。再度ヒットすると、開いているウィンドウが復元され、ウィンドウの状態が保持されるため、元のウィンドウのみが復元され、すべてのウィンドウが開くことはありません。

最後に、「コマンドを実行する」機能はまさにそれを実行します。ここでのトリックは、それと対話したい場合、またはその出力を見る場合は、GUI互換のプログラムを実行する必要があるということです。これは、例えばbashを実行するだけではシェルを使いたくない場合、gnome-terminalのようなものを実行しなければならないということです。 firefoxをバインドして、ブラウザに素早く簡単にアクセスできます。そういうもの。

それで、かなりホットコーナーのためにそれをカバーするように。ひどく複雑ではありませんが、非常に便利ですばらしく柔軟で設定可能です。私は通常、ワークスペースとWindowsを上隅に、デスクトップを左下に、そしてgnome-terminalを右下に配置しています。

しかし、私はこれを書いている間に何か違うことについて考えてきました。 PCLinuxOS Full Montyのディストリビューションをシナモンとホットコーナーと組み合わせるのは非常にクールでしょうか?あらかじめ定義されたすばらしいすべての作業領域と、それらのすばらしいアプリケーションを、それらの間で切り替えて選択するための簡単で便利な方法を備えていますか?いいかもしれない…

参考文献

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

?Red HatはまだOpenStackの会社であることを計画しています

?初期のLinuxで始める

Linuxのサバイバルガイド:この21のアプリケーションは、LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるようにします