マイクロソフトでは、完璧な会議室バンドルの追求を続けています

MicrosoftのCEOとしてSteve BallmerがSatya Nadellaに取って代わられたことについてのVanity Fairの徹底的な要約が、興味深い製品のお菓子です。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

PCWorldのMark Hachman氏は、次のように述べています。マイクロソフトは、究極の会議室アプリケーションの追求を続けています。

ゲイツ氏とナデラ氏の両方は、この分野でマイクロソフトが継続的に取り組んでいることについて言及しています。アプリを「Meeting Room Plus」と呼ぶバニティフェアは、会議参加者がメモやその他の担保をより没入感のあるタッチベースの方法で共有することを可能にします。

PCWorldが指摘しているように、マイクロソフトはすでに、このうちのいくつかを行う製品を提供しています.Lync Room Systemは、2013年2月に導入されました。これらのシステムは、販売代理店を介して販売され、表示されます。バンドルの費用は、15,000ドルを超えることができます。

最近のマイクロソフトの求人記事の中には、LyncとSkypeの両方が同社の現在の位置を把握しているにもかかわらず、ユニファイドコミュニケーションがMicrosoftの会議の仕事の中心にあることが明らかになっています。

それらの仕事の投稿の1つから

「Room Systemsは、LyncおよびSkypeソフトウェアのエコシステムと、ハードウェアパートナーが開発した最先端のデバイスの力を活用して、次世代の会議室の経験を強化するエンドツーエンドのソリューションを構築することに焦点を当てた会議のチームです。私たちは最近、ルームシステム製品の最初のバージョンを多くの興奮に捧げました。私たちは次世代の先駆的ソリューションを構築するための開発リーダーを募集しています。

次のバージョンには何が含まれますか?マイクロソフトのラウンドテーブルビデオ会議用ハードウェアであるKinectを追加して、さらに触れてください。同じ仕事のポストから

「チームが同じ部屋、キャンパス内、または世界中のどこにいても、チームがコミュニケーションを取ることができ、容易にコラボレーションできる世界を想像してください。これらのすべては、次世代のデジタルミーティングルームを通じてボタンを押すだけで利用できます将来の会議では、タッチ対応ハードウェア、デジタルホワイトボード、Kinect動体検知、パノラマRoundtableデバイス、顔認識機能を備えたインテリジェントカメラなどの機能を利用しています。 、電話機、ラップトップは、LyncとSkypeのエコシステムと直接的に統合されているため、ミーティング全体の経験にシームレスに統合されます。

マイクロソフトの役員は、会議の意味と改善が企業の重要な目標であり続けているという事実については、何の骨も作らなかった。 Microsoftは、Perceptive Pixelの量産を開始する準備を進めている。だから多分、 “Meeting Room Plus”システムは、ある人が考えるよりも近いです。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、