マイクロソフト、Yahoo!などFISAリクエストデータを公開

Apple、Facebook、Google、LinkedIn、Microsoft、Yahoo!は、法務省と最近締結した合意に従い、ユーザーアカウントのデータとコンテンツに関する政府の要求に関する追加データを公開しています。

これらは、さまざまな企業が発表したものです。

この契約では、1つは1000のバンドで、もう1つは250のバンドでデータを報告する2つの方法が用意されています。 Google、Facebook、およびLinkedInによって公開されたデータに関する以前の報告書に記載されているように、ほとんどの企業が1000バンドオプションを選択しています。どちらの場合も、データは6か月齢まで公開されません。

下記の表は、Facebook、Google、Microsoft、およびYahooの開示数をすべてまとめたものです。 LinkedInとAppleは代替スキームを使用することを選択した。その番号はテーブルの下にある。 Googleは2009年1月からデータを提供しましたが、これは含まれていませんでした。彼らの発表で見つけることができます。

AppleとLinkedInの両者は、250のバンドで代替報告スキームを選択した。これらの規則の下で、企業は、開示されたFISA要求の数を国家安全保障文書(NSL)のものと組み合わせなければならない。同社はすでにNSLに関するデータを公開しており、そのほとんどが本日の発表で再リリースされた。このアプローチは、少数の要求がある企業には明らかに魅力的です。

2013年1月から2013年6月の間、AppleとLinkedInは0から249の国家安全保障命令を受け取りました。

AppleとLinkedInはまた、要求に関する特定の統計を公開した。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

米国の法執行機関は、オンラインの詐欺師をバーの後ろに投げつける

FBIは米国の州議決権行使システムの違反を発見

アップル:国家安全保障と法執行命令の更新; Facebook:Facebookは国家安全保障要求に関する新しいデータをリリース; Google:FISA(Foreign Intelligence Surveillance Act)要求に関する一部の開示を解除; LinkedIn:2013年上半期の透明性報告);マイクロソフト:米国政府による顧客データ要求に対する透明性の向上、Yahoo !:米国の国家安全保障要求に対する透明性の向上

米連邦捜査局(FBI)は、米国務長官のハッキングに対する態度で、クッカラのメンバーを逮捕している、セキュリティ、米連邦最高情報セキュリティ責任者(CFO)、米連邦最高裁判所投票システム