マイクロソフト、新しいWindows 10脅威防止サービスを発表

Microsoftは、高度な攻撃を検出して対応する企業向けの新しいサービスであるWindows Defender Advanced Threat Protectionに取り組んでいます。

ransomware攻撃のコスト:今年は10億ドル、ChromeはHTTP接続を安全ではないとラベル付け開始、Hyperledgerプロジェクトはギャングバスターのように成長している;今、あなたはその道で何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができる

このサービスのクライアント部分はWindows 10に組み込まれ、すぐに「Redstone」プレビューテストビルドの一環としてWindows Insiderに提供される予定だという。

電子メールによる脅威は、駐車場のチケットを持たずに持ち運びできるように、会社を膝に抱き、個人を推進することができます。

Microsoftは既にWindows Defenderというウイルス対策サービスを提供しています。もともとはWindows XP用の無償ダウンロードであり、現在Windows 10に組み込まれています。

コードネーム「セビリア」のWindows Defender高度な脅威防止は、平凡な古いDefenderの機能を超えています。これは、違反を調査し、提案された回答を提示する手段をユーザに提供し、他の防御を超えた脅威を検出するのに役立つポスト・ブリーチ・サービスです。

今後のサービスでは、MicrosoftがAzureクラウドに構築している「インテリジェントなセキュリティグラフ」を利用しています。このグラフには、個人を特定できないデータ、毎日爆発するファイル、センサーから収集した脅威分析データ、および世界中のMicrosoft社内外のセキュリティ専門家が含まれています。

このサービスは、Microsoftが独自に構築したものであり、買収した企業から取得した技術に基づいたものではないとWindows and DevicesのTerry Myerson氏は述べている。これは、Azureチームの機械インテリジェンス作業に基づいて構築されています。 Office 365 Advanced Threat ProtectionおよびMicrosoft Advanced Threat Analyticsの既存の電子メール保護サービスを補完するものです。

Myersonは、企業顧客の間でWindows 10の「セキュリティは関心を引っ張っている」と述べています。

新しいサービスを使用する企業は、ネットワーク上のどのマシンがサービスを選択するかを決定し、収集されたデータはクラウドのパターンと比較して調べられます。 IT担当者はダッシュボードにアクセスし、どのマシンが「おそらく」侵害されているのかを示すと、Myerson氏は述べている。

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ

Windows Defenderの高度な脅威防止の顧客は、自分のネットワークではなく、Microsoftのクラウド内の仮想マシン内のファイルを開くことで、特定のファイルを特定することができます。 (私はこのマルウェアの爆発的なデトネーションサービスは、内部的に “Project Sonar”と呼ばれていたもので、私が約1年前にブログに書きました)

Myersonによれば、Windows 10のどのバージョンがサービスを組み込むのかについてはまだ決定していないが、消費者ではなく企業向けであるという。彼は目標の一般的な利用可能日を指定することを拒否しましたが、現在の計画では2016年の第3四半期にこれを実施することが私の情報源から聞きました。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い