フォンテラはインドにITの仕事をオフショアにするには?

ニュージーランド最大の酪農会社フォンテラ(Fonterra)は、世界の情報サービス機能をインドのHCLに委託することを検討しています。

同グループは約13,000社のニュージーランドサプライヤーが協力して所有しており、3つの部門は世界の30カ国以上で事業を展開しています。

Fonterraの最高情報責任者(CFO)であるGreg Jamesは、HCLアウトソーシング提案がデューデリジェンス段階に達したが、同社は決定を下すにはまだ数カ月離れているとオーストラリアのウェブサイトに語った。

提案の下で、HCLはフォンテラのアプリケーション・ポートフォリオ全体で情報サービスとアプリケーション開発を担当します。

フォンテラはSAPの重要なユーザーであり、2004年から2006年までの3年間で実装された「Project Jedi」として内部的に知られているグローバルERPのインストールに2億6000万ドルを費やしました。しかし、同社は、データベースおよびデータウェアハウス製品を含むOracle / JD Edwardsアプリケーションを製造オペレーションで引き続き使用しています。

「私たちの戦略は、ある時点でSAPのコンバージェンスに移行することですが、SAP、Oracle、JD Edwardsアプリケーションを戦略的に購入しています。

HCLの提案は、潜在的にニュージーランドと海外の130人のISのポジションに影響を与える可能性があるが、ジェームズ氏は、実際の仕事の数は「我々がまだ達成した詳細レベルではない」と述べた。

Jamesは、HCLとの契約が、インフラストラクチャとネットワーク管理を扱うEDSとのフォンテラの既存のアウトソーシング契約に影響を与えないことを確認しました。この契約は、2003年に署名された7年間で5億9,000万ニュージーランドドルの価値があり、2006年にはさらに4年間延長されました。

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業

1976年に設立されたHCLは、「インドの独自のITガレージ・スタートアップの1つ」として自らを説明しています。同社は現在、17カ国で年間収入39億米ドル、従業員43,000人を雇用しています。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します