ノキアシーメンスネットワークスは、売却交渉の中で雇用削減を開始する

ノキアシーメンスネットワークス(Nokia Siemens Networks)は、本日、同社がグローバル事業全体でコスト削減を続けているため、来週に約400人の従業員を解雇することを開始すると発表した。

予想される400人の労働者は、将来の買い手にとって魅力的になるように事業を再構築しようとする会社の動きの一環として、退職パッケージを取得すると予想されている。

2007年に設立されたノキアとシーメンスのフィンランドに本拠を置くヘルシンキのジョイントベンチャーは、11月に2013年までに労働力の4分の1近くを削減すると発表した。 10億ドル(1.29億ドル)。

エリクソン、Huawei、Alcatel-Lucentの後で世界第4位のNokia Siemens Networksは、今週、様々な企業とのビジネス・サポート・システム(BSS)ユニットの販売を検討していると発表した。モバイルブロードバンドに注力しています。

今月初めに、エリクソンはBSS部門の買収を検討していた可能性があり、世界最大の電気通信事業者は利益を創出しているノキアシーメンス部門を「ポールポジション」に追い上げていた。

同社はすでに有線ネットワーク機器を売却しており、次世代4Gネットワ​​ーク向けのLTE(Long Term Evolution)技術に有利になった時点でWiMAXベンチャーを捨てた。

世界的な再編計画は、「チャレンジングな通信市場」の長期的な競争力を維持し、収益性を向上させたいと考えている中で引き続き行われます。計画が発表される直前に、Nokiaは携帯電話メーカーのグローバルビジネス全体で3,500件の雇用を削減した。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む