ドイツ最大のデータセンターがセキュリティ意識の高い

Deutsche Telekomは、ドイツで最大のデータセンターであると主張するものをオープンしました。

ザクセン・アンハルト地方のビエールにあるこの施設は、先週正式に開設され、ドイツテレコムのITサービス部門Tシステムズによって使用される予定です。通信会社によると、T-Systemsは600社の企業顧客と約2000件のクラウド契約を結んでいます。

かつてないほどデータセンターが世界を走っていますが、その多くは21世紀の再起動が必要です。今日のデータセンターは、これまで以上に効率的で、冗長性があり、柔軟でなければなりません。独自のデータセンターをいつ、どのように運用するのか、クラウドやサービスプロバイダーにいつアウトソーシングするのか、ハイブリッドアプローチをとるのかについて検討します。

ビエール(Biere)施設はMadgeburg市に20km離れた別の近くのT-Systemsデータセンターの双子であり、2つのサイトはそれぞれもう一方のバックアップとして機能します。それらの間で、施設のペアは約900のスタッフを雇用しています。

ツインコア施設の作業が完了すると、同国最大のデータセンターとなる予定です。現在、ツインコアの施設は合計5400平方メートルあり、30,000台のサーバーを収容することができます。その後のビルドアウト段階が完了すると、2つのセンターが合計で4万平方メートルに達する。

データセンターは完全に再生可能エネルギーで動力供給され、PUE(電力使用効率)は1.3です。

Deutsche Telekomによれば、このサイトは「ドイツに拠点を置く安全なクラウドサービスの需要が急増している」ことに対応するために作られたものです。しかし、M + W GroupとZüblinが監督するBiere施設の建設は2012年10月に始まった。エドワードスノーデンのNSAの発表に先立ち、ヨーロッパの国境内で情報を保管するための企業の関心が高まると考えられた。

昨年遅く、同社は、ドイツの国境内で国内のインターネットトラフィックを維持するために、そのような動きの実用性は疑問視されてきたが、踏み出したがっている。また、米国のPRISMプログラムのニュースに対応して、メッセージが暗号化され、独占的にドイツのサーバーによって処理される「Made in Germany」というブランドの電子メールサービスを導入しました。

Deutsche Telekomは外国の秘密サービス「外国人の目には目が覚めている!」へ、Deutsche Telekomはチェコの子会社を買収して中欧を推進し、Salesforce.comはDeutsche Telekomと協力してドイツのプレゼンスを拡大し、Deutsche TelekomはGTS Central Europe購入

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

ドイツテレコム