ダーウィン・オブ・プレゼンスを構築するためのインターノード

インターノードのマネージングディレクター、サイモン・ハケット(Simon Hackett)は、インターネットサービスプロバイダ(ISP)が、ノーザン・テリトリーの既存インフラを補完するためにダーウィンにPoint of Presence(PoP)を構築すると発表しました。

ISPは既にAlice SpringsとDarwinエリアにいくつかのADSL2 + DSLAMを持っており、後者のDSLAMSは現在、NextGen NetworksのBlackfin Blackfin Blackfin Back Backプロジェクトにバックアップしています。新しいPoPは、インターノードのDarwinインフラストラクチャから流れるデータが、ルータ内でローカルに終端されることを意味します.Hackettは、Darwin DSLAMインフラストラクチャ上の顧客間のローカルデータアクセスがローカルに維持されることを保証します。

また、ブリスベンのコアネットワークに接続する前に、アリススプリングスを経由してアデレードとダーウィンを結ぶギガビットレートのデータリングを完成させることができます。これは、ダーウィンの接続性が単一障害点を持たないことを意味すると、Hackett氏はアデレードまたはブリスベン経由で達成できるデータフローを示しています。

Hackett氏は、同社がダーウィンの主要取引所にエクストリームSHDSLを構築し、40Mbps / 40Mbpsの対称リンクを提供する予定であると述べた。

彼は、来年の第1四半期に完成する予定です。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、