ゲートウェイは、バックトゥースクールのショッピングのためにラップトップ、デスクトップをリフレッシュします

学校でのショッピングを開始する準備が整うと、PCメーカーは新しいモデルで販売を抑制しようとします。今日、Gatewayは更新された仕様でシステムをリフレッシュする計画を発表しました。

同社は15.6インチまたは17.3インチのいずれかのサイズで提供される新しいNEシリーズのラップトップを発表しています。ほとんどのモデルにはDVDバーナーが搭載されているが、主流のノートブックの場合はまだ薄いままである:15.6インチのNE5バージョンでは1インチの薄型化が残っている(ただし、予算の性質上、予算はそれぞれ1,366×768と1,600×900) 17.3インチNE7ファミリの場合は1.36インチとなります。インテルとAMDのどちらのプロセッサでも使用可能な構成があり、最大8GBのRAMと最大1TBのハードドライブを実現できます。

AMD A4-5000プロセッサ、4GBのRAM、500GBのハードドライブを搭載した399.99ドルのNE52204u、AMD A6-5200プロセッサ、6GBのRAMを搭載した499.99ドルのNE72206u、 500GBハードドライブゲートウェイは今後数週間で379.99ドルという低価格のNEノートパソコンを約束します。

DX、SX、およびZX命名法を保持するGatewayの更新されたデスクトップの新しいファミリ名はありません。新しいゲートウェイのノートブックと同様に、DXのIntel Core i5シリーズを含むIntelとAMDのプロセッサオプションが混在していますが、小型のSXシステムはCore i3 CPUを搭載しています。新しいDXモデルは最大10GBのRAM標準を提供しますが、SXは最大8GBです。 (自分で追加することはできますが)両方とも1TBまでのハードドライブストレージを提供できますが、DXバージョンのみがUSB 3.0ポートを持つように見えます。 One ZXオールインワンPC(写真)は、1080pフル解像度(1,980×1,020)の21.5インチディスプレイを搭載していますが、他のWindows 8オールインワンのタッチスクリーン機能は必要ありません。

Gatewayは、オンラインで公開されたDX4870-UB2Cは549.99ドル、One ZX4970-UR22は529.99ドルであるが、最低298ドルの新しいデスクトップを提供するとしている。 DX4870にはCore i5-3330クアッドコアCPU、8GB RAM、1TBハードドライブ、DVDバーナーが含まれていますが、ディスクリートグラフィックスカードはありません。 ZX4970には、Intel Pentium G2030プロセッサ、4GBのRAM、1TBのハードドライブ、DVDバーナーが搭載されています。

これらの新しいゲートウェイPCは、最新の偉大なタブレットの魅力とはまったく一致しませんが、毎日の生産性のためにデスクトップとラップトップが必要な学生(大学生でも)があります。しかし、すべての兆候は、そこには「それ」が少なくなることを指摘している。

ラップトップの電源コードが擦れてしまうのを防ぐ簡単で簡単な方法

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

インテルKaby Lake CPU搭載のステルスラップトップ、Nvidia Pascalグラフィックス、ラップトップ、Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチのラップトップを搭載しています。 ;ラップトップ; ASUS ZenBook Flip UX360CA、First Take:軽量13.3インチの360度コンバーチブル

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン

ASUS ZenBook Flip UX360CA、First Take:軽量13.3インチ360度コンバーチブル