インフォシス、HP、インドで新たな税金調査に直面

インドの税務部門は、昨年の政府の明確化にもかかわらず、インフォシスとヒューレットパッカードの所得税評価を見直す努力を新たにした。

所得税申告書を再評価するために、所得税(I-T)部が2人の技術ベンダーに対して手続を開始したと、インドのタイムズ紙は報告している。彼らは、顧客のサイトでのソフトウェア開発と人材配置の控除を主張していたと主張している。

インド政府は、2011年に終了したソフトウェアテクノロジーパーク(STP)制度を導入し、IT企業がインドに拠点を置くビジネスユニットからソフトウェア輸出を10年間免税することを認めた。しかし、IT部門は、ソフトウェアのアップグレード、テスト、メンテナンス、改造などの開発作業を行うために、海外の顧客に配備されたソフトウェア開発および技術人材の免除を主張するIT企業を呼びかけていましたSTP方式。

昨年、同省は、インドで第2位のソフトウェアサービス輸出業者、インフォシス(Infosys)を含むさまざまなIT企業に対し、海外で行われたソフトウェア開発作業に関連して57億7000万ルピー(税金を追加して10530万ドル)を支払うよう指示した。

技術ベンダーは、IT部門の主張に対して訴え、中央審議会(CBDT)が、海外で開発されたソフトウェアと、ソフトウェア開発のためにクライアントの海外に技術人材を展開するという活動を明確にしたSTPスキームの下で「輸出とみなされる」額と免税対象となる金額。

CBDTはまた、「インドで設立された資格を持つユニットと海外で行われるソフトウェアの開発の直接的で密接な関係やつながりが存在しなければならず、そのようなソフトウェアの開発はクライアントと適格なユニットとの間の契約に基づくものでなければならない」

税務署は、その評価によって、海外の重要な業務がインドのSTP関連部門との関連がないことが明らかになったと述べた。

インドの報道によると、InfosyとHPは再評価命令に異議を申し立て、カルナタカ高等裁判所に再評価をブロックするよう頼んだ。同裁判所は、2004年および2005年を含む、同社から提出された同様の請願について、以前は一時滞在を認めていた。

テック・インダストリー、火災の下でのZuckerberg:「Facebookはナパーム・チャイルドの有名なベトナム写真を検閲するのが間違っている;ビッグ・データ・アナリティクス、MapRの創設者John Schroederが辞任、COO、After Hours、Star Trek:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説。 Tech Industry;ブリティッシュ・エアウェイズの乗客はITの停電により混乱に直面

インドの所得税部門は、長年にわたり、ボーダフォンやノキアを含む、外国のITベンダーを含む税務紛争で不正な税額控除を受けて絡まっている。

Zuckerbergが火の下に: ‘Facebookはナパームの子供の有名なベトナムの写真を検閲するのが間違っています’

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

スタートレック:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説

ブリティッシュ・エアウェイズの乗客はITの停電により混乱に直面する