インドは米国の電子メールサービスの使用を禁止すると伝えられる

インド政府は、元NSAの請負業者であるエドワード・スノーデンによる米国のサイバーピーピングによる機密情報の保護を強化するために、コミュニケーションの目的でGmailの使用を中止するよう全員に伝えられると報道されている

インドのタイムズ紙によると、通信・情報技術省の高官を筆頭に、政府は約50万人の従業員に正式な通知を行い、Gmailなどの電子メールサービスプロバイダーからの通知を禁止している米国のサーバー

従業員は代わりにインドの国立情報学センター(NIC)の公式電子メールサービスを利用しなければならない、とJ. Satyanarayana、エレクトロニクスおよび情報技術部門の秘書はこの報告書に述べた。

「インディアンユーザーのGmailデータは、サーバが外部にあるため、他の国に存在していますが、現在、重要なデータが大量にある政府のドメインでこれを解決しようとしています」とSatyanarayana氏は言います。

しかし、Google Indiaのスポークスパーソンは、同社には禁止についての情報はなく、投機的に確認することはできないと述べた。検索巨人は、「今のところ文書化されていないので、私たちにとってはまだ推測だ」と述べた。

6月中旬にNSAプレゼンテーションからスライドが流出し、PRISMというプログラムが明らかになりました.PRISMは米国のWeb企業からのユーザーデータをふるい落としていたとのこと、緊密な関係の懸念、NSAとの関係、双方は主張を否定している。

これはまた、PRISMに脆弱なアジアの政府の懸念を引き起こした。一部の役人は、ITやインフラストラクチャーの不足や個人的な好みのため、ヤフーやGmailの電子メールサービスを利用していた。

先週、インドのカピル・シバル(Kapil Sibal)IT担当​​大臣は、海外のすべての政府職員がインドのサーバーに直接接続するNICサーバーを政府の電子メールサービスにアクセスする必要があると発表した。しかし、Sibalは、米国がインドからのインターネットデータにアクセスしているという証拠はないと述べた。

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressは重要なセキュリティホールを修正するために今更新するようユーザーに促す、セキュリティー、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命