インテル、シスコ、IBMの皆様へのグリーンパワー!

OKグリーンリストのファン、あなたのために別のものがあります。今週、環境保護庁(EPA)は、「グリーン電力」を買う方法をリードしている企業のリストを発表した。このリストは、2006年12月のグリーン電力パートナーシップによる挑戦の結果として、フォーチュン500のメンバーに、可能な限り多くのエネルギー購入をグリーンソースに切り替えるよう促しました。

(EPAは、「グリーン電力」を太陽光、風力、地熱、バイオガス、バイオマス、低インパクトの小型水力発電所など、環境上のメリットが最も大きい代替エネルギーのサブセットとみなしています。

このリストに掲載された53社は、総額60億キロワットキロワット時のグリーン電力を購入しています。これは、年間平均67万米ドルのアメリカの家庭に電力を供給するのに必要な電力量です。

ランキングをリードしてきたインテルは、その金額の6分の1以上を占めている(年間16億キロワット時)。シカゴ・システムズ(7位)は、3億7,350万キロワット時、次いでIBM(12位)が1億1000万キロワット時を超えた。 IBMのグリーン広報担当者が私に送った統計によると、その金額は、米国で購入した電力の約4%である。

その他のI.T. Advanced Micro Devices、Hewlett-Packard、Dell、Apple(Austinファシリティ)、Oracle(Austinファシリティ)、Yahoo!

ここに完全なプレスリリースがあります。

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ